手荒れのサイトです





手荒れの原因や、対策・改善(治療)方法としての、
クリーム・ワセリン・ステロイド・手袋・洗剤について
詳しく解説しています。

手荒れが気になる方は、必見の情報が満載です。



手荒れの原因

手荒れの大きな原因の一つに食器洗いの洗剤があります。
洗剤には泡立ちを良くする為と 洗浄力を上げる為に界面活性剤が入っています。


界面活性剤は皮膚の防御機能であるバリアゾーンを壊します。
バリアゾーンが壊れると、体内の水分を保持することができなくなります。
また外部から皮膚を守ることが出来なくなります。

その結果肌が乾燥し始め、ちょっとしたことで肌荒れを起こしやすくなってしまいます。

よく洗剤の原液をそのままスポンジにつけて食器を洗っている方がいますが
これは皮膚に非常に悪い影響を与えます。

バリアゾーンを壊すばかりか、皮膚にある必要な皮脂まで取り去ってしまいますから。

また、洗剤の他に「熱いお湯」も肌に良くありません。
寒い時期には特にお湯で食器洗いをする方が多いのですが、
熱いお湯は皮膚表面の角質を剥がし、皮脂を取り去る原因になります。

水仕事をしていて肌荒れがひどくなるのはこういったことがあるからなんです。


⇒手荒れの原因

対策・治療法

お風呂上がりにお顔の手入れをしていると思います。
この時に手にもあまった化粧水や乳液をつけてあげましょう。
コットンを使ってお手入れしているのなら、まだ湿っているコットンで手も拭いてあげましょう。
これだけで肌状態が変ってきます。

またワセリンを塗った上に遠赤外線の手袋などをして眠ってもいいでしょう。
かなり保湿されます。

日常的な対策としてはハンドクリームですね。
携帯して水を使った後は必ず塗って手を保護してあげるようにしましょう。

ハンドクリームはいろんなメーカーから数多くの種類が出ています。
ハンドクリームを選ぶ際にひとつ気をつけなくてはいけないのが安価なハンドクリームです。

安いものがいけないということではないのですが、
皮膚のバリアゾーンを壊す界面活性剤が入っているものが多いんです。

ですからきちんとした品質のクリームを選ぶことが大切です。


⇒対策・治療法

手袋

確かに手袋もいいのですが、乾燥肌や手荒れはひどくなると手がつけられなくなります。
ですから皮膚科を一度受診しておいた方がいいかもしれません。

市販のクリームなどに比べると、病院で処方される薬を塗布する方が短期間で良くなることも多いのです。
病院を受診した上で、再発を防ぐ意味合いで手荒れを防ぐ手袋を購入しておくといいですね。
ドラッグストア、コンビニ、薬局などどこでも大抵手袋の取扱いはありますよ。

・液体タイプの手袋
・保湿シートが貼ってある手袋
・シルクでできている手袋
・遠赤外線の手袋
・卵のうす皮でできている手袋など。



寝る時には上記のような保湿と手の保護を目的とした手袋を使い、
そして水仕事をする時は布手袋をしてその上にゴム手袋を着用。
完全に手を刺激から保護してあげましょう。

ただ、ゴム手袋をそのまま素肌につけて使っている人は要注意です。
ゴム手袋は古くなってくると硬くなります。
硬くなったゴム手袋をずっと使っていると手がかぶれやすくなるんです。

ですからゴム手袋を手の保護の為に使うのでしたら、古くなる前に新しいものに変えてあげましょう。


手には年齢が現れると言われます。

乾燥してカサカサした手は老化のスピードを加速します。
毎日の小さな積み重ねがあなたの手をキレイに保ってくれます。


⇒手袋

ハンドクリーム、ワセリン

手荒れは本当に辛いものです。
痛い
痒い
水が触れない・・・

こんな状態で、例えば皮膚の皮脂まで落としてしまうクリームを手荒れ対策で使っていたとしたら、
手荒れは良くなるばかりか悪化していくばかりです。

軽い手荒れでも病院に行けば、その症状を改善してくれる薬などを処方してくれます。

※ちなみに皮膚科では赤ちゃんのアトピー患者さんにワセリンを使って治療しています。
ワセリンは化粧品のような効果は一切ありませんが、保湿力がとても高いのです。


市販のクリームなどを迷いながら購入して乾燥肌を悪化させるより
状況に応じた治療をしてくれる病院で、適切なクリームなり薬なりを処方して貰う方が
肌荒れ改善にはよほど効率的と言えるかもしれません。


最近、皮膚科をはじめとする病院で
ドクターズコスメという医師が作った化粧品を扱っているところがよく見られます。


もし手荒れだけではなくて、顔も含めて乾燥肌に悩んでいるのなら、
そういった化粧品を使って肌荒れ改善を試みてもいいですね。

病院ですから押し売りされることもありませんし。


ただ、いろんな選択肢から何を選ぶかはあなた次第です。
自分にベストだと思えるものを使いましょう。


⇒ハンドクリーム、ワセリン

手荒れ用絆創膏

通常の絆創膏では、皮膚のひび割れを悪化させてしまう。
しかし皮膚のひび割れを悪化させない絆創膏があるのです。

それは「水ばんそうこう」です。

セメダインのような役割をしてくれるので、傷口を塞ぐことができて痛みも防ぐことができます。
使いはじめは少し染みますがひび割れには水ばんそうこうがおすすめです。


⇒手荒れ用絆創膏

洗剤を変える

アトピーの方の肌は乾燥がとてもひどくて水も触れない、シャツを着るだけでも痛みが走る・・・
こんな方もいるくらい肌が乾燥しきっているのです。

ですからアトピーや敏感肌までひどい状態ではなくても、バリアゾーンが壊れている状態なら、
もう「水に触っただけ」「髪の毛に触れただけ」といったような
ちょっとした刺激が手荒れをひどくさせていってしまうのです。

手荒れを防ぐ為には「肌に刺激を与えないこと」。
これに尽きます。


もちろん手荒れの原因の一つである「洗剤」も変えた方がいいでしょう。

洗剤の何がいけないのかというと、洗剤に含まれている「界面活性剤」の存在です。
石油と硫酸から出来ている界面活性剤は洗剤にはなくてはならない成分ではあるのですが、
皮膚に大きなダメージを与えてしまいます。

ですから、この洗剤を低刺激の洗剤に変えることが手荒れの改善にも繋がるのです。

既に肌荒れが起きてしまっている方は特に無添加の石けんなどを選ぶようにしましょう。

そしてお風呂上がり、水仕事の後には必ず十分な保湿を忘れてはいけません。


⇒洗剤を変える

ウェットラップ法

手を洗った後、手が濡れている状態のところにワセリンを塗ります。
塗った後で水分をやさしく拭き取ります。


たったこれだけで角質層に水分を保持しつつ、乾燥肌が改善していくのです。

ワセリンは皮膚にとって「フタ」にようなもの。
塗った部位からは水分が蒸発していきません。


※ウエットラップ法応用編
ステロイド軟膏(または5%サリチル酸ワセリン軟膏)を塗ってサランラップで密封する。
この方法は夜間に自宅でしか使えません。

手が荒れてどうしようもない状態での
昼間の応急措置として「水ばんそうこう」を使用します。

これは最初はしみるので不快ですが、痛みが出なくなるのが何より嬉しい点です。

しかしあまり使用しすぎると手荒れが悪化するので気をつけないといけません。


⇒ウェットラップ法

ステロイド

「ステロイドを使っていると副作用がある」
これは正しいのですが、正しくないとも言えます。


例えば重度のアトピー皮膚炎の場合、
痒くて痛くて夜も眠れないそして朝になればシーツは血だらけ・・・こういった患者さんがいます。

そういった症状を抑えるために一時的にステロイドを使うことは適切な判断なのです。
症状を抑えつつ、ステロイドを使わない治療も進めていく。
これが患者さんに負担を与えない良い治療法です。

『ステロイドは怖い薬』ではありますが、時には必要な薬でもあるのです。


⇒ステロイド

爪の手入れ(ネイルケア)

爪はネイルサロンに通わなくても自宅でケアすることができます。
ネイルケアに必要なのは以下の道具です。

オレンジウッドスティック 古い角質を除去、甘皮を整えるためのもの
ステンレス・プッシャー 古い角質を除去、甘皮を整えるためのもの
キューティクルニッパー 甘皮、ささくれなど古い角質を除去する
エメリーボード 爪先を削る為の紙やすり
キューティクルオイル 甘皮や爪が乾燥うることを防ぐ
キューティクル・リムーバー 古い角質を除去する、古くなった甘皮を柔らかくする

上記の道具を使って、爪の汚れ落としや形・長さを整えることができます。
ネイルケアに伴ってハンドマッサージも行なえば手が見違えるほどキレイになります。

また、爪にいい栄養素を摂ってあげることでも爪が美しく回復するスピードが早まります。
ビタミンC・ビタミンB2・ビタミンB6・亜鉛を積極的に摂ってあげましょう。


⇒爪の手入れ(ネイルケア)

手荒れは美容師の最大の敵!

前述したように美容師が皮膚の保護の為にいくらクリームを塗ったところで追っつくものではありません。
痒みも手荒れのひび割れも悪化するばかりです。

美容師の肌荒れを改善するには保湿力、撥水性、痒み・痛みの対策になるクリームがベストです。
もちろん美容師さんの中にもアレルギーを持っている方はいますので、
アレルギーを誘発させる成分が入っていない、ということも重要な点ですね。

これらの条件を満たすクリームが美容師を肌荒れから守ってくれます。


⇒手荒れは美容師の最大の敵!



Copyright(C) 2011 【手荒れの対策・改善ナビ】 Allrights reserved.