ハンドクリーム、ワセリン


手荒れをしている場合、
皮膚を保護する為にハンドクリームなどを使います。
ワセリンを使っている方もいますね。

どちらがいいか?というのは一概には言えません。

しかしクリームの場合、モノによっては
手に必要な皮脂を乳化してしまうものがあります。
手を洗った際に、クリームと一緒に
皮脂も流れ落ちていってしまうということです。

もちろんワセリンでも粗悪なものは皮膚によくありません。



病院を受診してみる

手荒れは本当に辛いものです。
痛い
痒い
水が触れない・・・

こんな状態で、例えば皮膚の皮脂まで落としてしまうクリームを手荒れ対策で使っていたとしたら、
手荒れは良くなるばかりか悪化していくばかりです。

軽い手荒れでも病院に行けば、その症状を改善してくれる薬などを処方してくれます。

※ちなみに皮膚科では赤ちゃんのアトピー患者さんにワセリンを使って治療しています。
ワセリンは化粧品のような効果は一切ありませんが、保湿力がとても高いのです。


市販のクリームなどを迷いながら購入して乾燥肌を悪化させるより
状況に応じた治療をしてくれる病院で、適切なクリームなり薬なりを処方して貰う方が
肌荒れ改善にはよほど効率的と言えるかもしれません。


最近、皮膚科をはじめとする病院で
ドクターズコスメという医師が作った化粧品を扱っているところがよく見られます。


もし手荒れだけではなくて、顔も含めて乾燥肌に悩んでいるのなら、
そういった化粧品を使って肌荒れ改善を試みてもいいですね。

病院ですから押し売りされることもありませんし。


ただ、いろんな選択肢から何を選ぶかはあなた次第です。
自分にベストだと思えるものを使いましょう。



Copyright(C) 2011 【手荒れの対策・改善ナビ】 Allrights reserved.