ステロイド




手荒れがひどい場合、ステロイドを使用することがあります。

ステロイドを使用する場合、
病院を受診して医師に処方されたものを指示どおりに
使用しているのであればまず問題はありません。

誰かに貰ったものや他の部位に
処方されたものを使うことは止めた方がいいでしょう。



ステロイドの間違った認識

「ステロイドを使っていると副作用がある」
これは正しいのですが、正しくないとも言えます。


例えば重度のアトピー皮膚炎の場合、
痒くて痛くて夜も眠れないそして朝になればシーツは血だらけ・・・こういった患者さんがいます。

そういった症状を抑えるために一時的にステロイドを使うことは適切な判断なのです。
症状を抑えつつ、ステロイドを使わない治療も進めていく。
これが患者さんに負担を与えない良い治療法です。

『ステロイドは怖い薬』ではありますが、時には必要な薬でもあるのです。

正しい知識を持った皮膚科を受診する

ステロイドは絶対に治療に使わないという医師がいます。
必要に応じてステロイドを使用する医師がいます。
ステロイドを積極的に治療に使う医師がいます。


どの医師を受診するか?
病気やステロイドに対して正しい知識を持っている医師を選ぶのがベストです。

「あなたの皮膚の状態はこうなっているから、こういった治療を行なう。」
きちんと説明をしてくれて、あなたの疑問にもちゃんと答えてくれる医師かどうか?

ここがしっかりしている医師であればまず信頼できるでしょう。


乾燥肌による手荒れは重症化すれば辛いものです。
症状を和らげる為にステロイドを使用することは悪いことではありません。

納得がいくまで医師に相談してみることをおすすめします。



Copyright(C) 2011 【手荒れの対策・改善ナビ】 Allrights reserved.