対策・治療法


毎日のスキンケア、あなたはどうしてますか?

洗顔後には化粧水で保湿をしていますよね。
そしてクリーム・乳液・美容液もしっかりとつけて
皮膚の水分が蒸発していかないように「蓋」をしているはずです。
そのお手入れ、あなたの「手」も必要としています。

人間の皮膚は皮一枚で繋がっています。
顔が乾燥して肌荒れするように手も乾燥して荒れているのです。
手は顔ほどに皮膚は薄くはありませんが、
手荒れをしてひび割れまでしてしまっている状態なら
やはりきちんとお手入れをしてあげなくてはいけません。



手もしっかり保湿する

お風呂上がりにお顔の手入れをしていると思います。
この時に手にもあまった化粧水や乳液をつけてあげましょう。
コットンを使ってお手入れしているのなら、まだ湿っているコットンで手も拭いてあげましょう。
これだけで肌状態が変ってきます。

またワセリンを塗った上に遠赤外線の手袋などをして眠ってもいいでしょう。
かなり保湿されます。

日常的な対策としてはハンドクリームですね。
携帯して水を使った後は必ず塗って手を保護してあげるようにしましょう。

ハンドクリームはいろんなメーカーから数多くの種類が出ています。
ハンドクリームを選ぶ際にひとつ気をつけなくてはいけないのが安価なハンドクリームです。

安いものがいけないということではないのですが、
皮膚のバリアゾーンを壊す界面活性剤が入っているものが多いんです。

ですからきちんとした品質のクリームを選ぶことが大切です。

ゴム手袋で水から手を守る

水仕事をする時はゴム手袋を使うようにしましょう。

手は「刺激」になるものから遠ざけてあげることが一番の対策であり、治療法です。



Copyright(C) 2011 【手荒れの対策・改善ナビ】 Allrights reserved.